地獄へようこそ

 

  あ、どうも元気にしてます。ぴょん太郎です。

 

  ついこの間、推しのバスツアーとか旅行とか、ファンが鬼のように集まるクソイベの話を聞いたんですけど、あれって地獄の空間じゃないですか。タイトル通り、地獄へようこそなんですよ。

 

  私なんかが語っていいものか全く知らないんですけど、どうでもいい事務所の意向に惑わされるおたくを見てるのでちょっと、言いたいことがあるんだよ!!!

 

  なんで事務所ってあんなに身勝手なのかな。おたくのことを本当の財布にしか思ってない。いや、マネとか優しい人いるけど、上の方の人は利益しか考えてないんだなと思ったりする。確かに、利益がなきゃ事務所潰れちゃうし、私にお金があれば、事務所をもっと大きくしたい、ゲームみたいに。育成ゲームだったらやり込んで売れっ子俳優の所属する事務所に仕立て上げる。

  だいたい、バスツアーとかって推しがやりたいって言い出すおたくのことを分かっていないある意味天使のような場合もあるかもしれないけど、事務所が推しを差し出して金を巻き上げてるように見える。同厨が好きで、同厨と幸せを分かち合いたいタイプのおたくなら…まあ、私はわからないんですけど。(こういうおたくは心の中でそのレスを送った推しじゃなくてそのおたくを呪うと考えています)何が楽しくて同じものを好きというだけでバスに乗せられて普段なら絶対行かない金のあまりかからない土地に行かなきゃいけないんだよ。嬉しいの感情しかない単純なおたくなら(ディスってません)推しが同じ空間にいるだけでハッピーラッキー☆ミ」と考えるかもしれません。でも、私は推しが今日も生きていることにハッピーラッキーしてもそんな地獄のような空間で推しをみたいとは思いません。あ〜叩かれる。叩かれるほど読まれてないけど。

   昔現推しじゃない人のカラオケイベントのチケを界隈で買い占めてたことを思い出す。みんなで買い占めても怒られなかった。あれはただのその界隈の酒なしの飲み会に推しが混ざった感じ。りあこじゃなきゃ私だってガチな人とは友達になりたいです。あ〜楽しかった。

 

  私みたいなやつは舞台も何もかも全員推しのファンじゃないと信じ込んで、私意外見えないと思い込むので、被害は一切ないのですが。バスツアーもやんないしね。

 

  だから結局、バスツアーとかするような俳優のおたくはその人のおたくになった瞬間に地獄へようこそ、なのです。