ブログを休み、また始めた。

 時々、思い出すのは、初めて大好きなブロガーさんの記事を読んだ時の衝撃。あの綺麗でなんともいえない文章力と人を惹きつけるあの言葉遣い。私はその人を真似している訳では無いし、近づけるとも思っていません。でもどっかで目指しちゃってる寒いところが私にはきっとあるんじゃないかな、と今キーボードをカタカタさせる音から連想しています。初めて曲の歌詞に感動して、リピートして、掃除しながら口ずさむ位、恥ずかしくてついやってしまう。

 

 そしてこれを思い出すたびに自分の恥ずかしさに気づく。このブログを始めてから少し、経ちました。私はこれを本当の職業にするつもりも、趣味としてひけらかすつもりもありません。ドラマやアニメの主人公が授業中にクラスメイトに隠れて漫画を書く位恥ずかしく、誰にも見せられないものです。でもこうやって隠れて書いているブログを人に評価される喜びも知ってしまった。アクセス数の伸びと喜びと恐怖が同時に込みあがってきて、喜びながらこの恥ずかしい文章が公開されていることへの恐怖が止められない。

 

 忙しさを理由に私はこの恐怖から逃げることにしました。実際めちゃくちゃ忙しくて、思ったことを文章に起こす気力も時間もありませんでした。でも、ふと電車の中でとある記事を読みました。その記事はとんでもなく衝撃的で、初めてあのブログを読んだときと一緒でした。決して綺麗ではないけど人を惹きつける文章力、怖くなるくらい共感できて、その日そのことについて真剣に考えてしまうくらい残る。そこで思いました。ブログをまた書きたい。

 

 そしてこの数日間当初のような更新頻度。私生活のことがあるのでここまでは続けられませんが、またこうやってブログを暑くて風の通らない部屋で書くような夏を迎えることになりそうです。

 

 ちょっとした時間にアイスを食べながら、外が雨ですることが無いときにも、こんな意味のないブログを読んで頂けたら幸いです。

 

 

 あと、なんでブログの名前とか変えたんですか、と聞かれたのですが、検索の引っ掛かり方、記事の形態などを変えたので、雰囲気に合わせて変えました。心機一転、全部変えてみたかった、という気持ちも少なからずあります。