雪が綺麗と笑うのは

 

  春が来たなと通う道に咲く桜を見て思い出していたあの頃に想いを馳せています、どうもぴょん太郎です。

 

  なんと言っても春はあまり好きじゃない。

 

  学生なら卒業、入学、とイベントごとが多すぎるし、社会人なら面倒だし、花粉だって凄いし、来たる梅雨の面倒臭さを思い出しては憂鬱になる。春一番が掃除したてのサッシの窓に〜なんて歌ってるキャンディーズには関係ないだろうけど、私は春が来ることにおかしくって涙が出そうです。春なんてろくなことないよ。

  春の歌なんて悲しいことを笑い飛ばそうみたいなことしか言わないし、春服って困るし。結局皆が大好きな推しの写真は夏か冬って相場が決まってるし。

 

  先日、twitterの方でアンケートを取らせていただきました。答えてくださった方ありがとうございました!

 

「夏か冬かと言ったらどちらが似合う人が好きですか」

 

  結果は以下です。

 

夏:17%

冬:83%

 

  圧倒的冬の勝利!!!いやぁ皆さん、冬は強いですね。私もなんてったって冬派の人間です。冬の魅力を語る前に、夏の肩を持っておきます。このままでは夏は完全なるピエロ、可哀想!

 

  夏だ!海だ!女だ!みたいな古い言葉は皆さん使わないのでしょうか。こんなこと言っても私も使わないんですけど。夏が似合う人。とても魅力的ですね。勝手に夏が似合う人のイメージで語らせて頂きます。

 

  さて、太陽に照らされる暑い夏。外へ出るのも嫌になるくらい家の中は涼しくて居心地が良い。そんな時、夏が似合う人がいてくれたら。まず、彼は車が似合います。海までドライブ行こうなんてベタな誘い文句で、彼は涼しいけど何もない家から連れ出してくれます。青い海に青い空、それが似合う彼。昼はキラキラした一番熱い夏を過ごして、夜は花火でコンクリートに文字を書いたりして、ちょっと子供なところがある彼の可愛さにあなたはもうきっとメロメロ!

 

  乙女ゲームのやりすぎだか、少女漫画の読みすぎだか。なんでこんな空想のような人物像しか書けないんだろう。夏は結局、柑橘系の香り。

 

 

  お待たせしました、冬です。

  冬は世間的に幸せのクリスマスと悲しみの別れがつきまとうようで。悲しいことを思い出す方もいるんじゃないでしょうか。同時にプロポーズの時期でもあるらしいですね。

 

  雪が降っていると寒くて家なんか出たくない、なんていいつつあなたの大好きな彼から連絡が入ると出て行きたくなってしまう。寒いはずなのに何故か冬は外に出たくなってしまう。これ分かりませんか?電車に乗って繁華街。街行くひとりの人は少し寂しそうに、2人なら楽しそうに歩く人達を横目に誰よりも幸せそうに歩く。ベタにポケットに手を入れることはしないけど寒さは共有して、結局最後には暖かい場所に戻る。寒いね、と笑う彼にあなたはもう心を奪われています!

 

  こんな冬でいいのだろうか…

 

  私が思うに、半袖より長袖のニットが似合う人の方が彼氏にしたいランキングは上位なのではないか。マフラーとか暖かくする道具とウィンタースポーツが似合う人は最強なんじゃないか。個人的見解ですが、これは結局夏より冬が似合うを一番象徴してるんじゃないかと思ってます。雪が綺麗と笑うのは君がいい、の方がドキッとするんですよ、多分。

 

  サマースポーツ野郎よりウィンタースポーツ野郎の方がなんとなくちょっとだけ好感が持てるのは私だけなんでしょうか。このブログ、答えは出なかった…。

 

  冬が似合う人が好きな良かったらツイッターのDMにでも、理由、送ってくれませんか。こっそり二人きりで議論を交わしましょう。

  あ、これ新手のナンパです、来世男になったら使おう。でも本当に送ってくれたら嬉しいです。

 

 

ぴょん太郎(若葉竜也情報) (@taro__pyoon) on Twitter