読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの娘と一緒に味噌汁をのみたい!

世の中って結局、砂糖で出来てるよね、ぴょん太郎。

よびすてで呼んでみない

 

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。ぴょん太郎です。お正月にゆっくりしすぎました。

今年は私にとっても皆さんにとっても皆さんの推しにとっても飛躍の年になりますように!

 

 

 

本日は推しの呼び方について。

 

いや〜これ迷いますよね?私はまだ定まっていません。タイプはこれ。

 

 

苗字にくん付け

これ結構オーソドックスですよね。推しが年上に多いんじゃないでしょうか。無難で好きです。

 

下の名前にくん付け

これもオーソドックスですね。年上年下限らず使う方が多いんじゃないかと。少しの親近感と彼女感を楽しめる良い呼び方です。

 

苗字にさん付け

これは年上の推しに使う方が大半ですね。くんと付けるには馴れ馴れしすぎるしどうしようと思う方に多いですね。尊敬の意をこめてさん付けの方もいらっしゃるようです。

 

下の名前にさん付け

これ!私結構好きなんですよ。なんていうか昭和の夫婦みたいな!貴方の後ろを付いていきますよ…と和服の妻が夫に語りかけるようなあの独特の雰囲気…!私大好きです!◯◯さんごはんができましたよ…みたいな!好き!

 

苗字呼び捨て

ありますね。これは推しのことを評価するときに使いがち。「今日の◯◯凄いかっこいい」とかそういう風に使うんでしょうか。見たことあります。

 

下の名前呼び捨て

彼女か!!このツッコミしたかったんですよ!付き合ってる彼女が友達に彼氏の話をする時のようなあの雰囲気。私は肯定的です。好き。でも多分この人はファンレターの時はちゃんと、くんとか付けるんだろうな…。

 

様付け

いますよ。これ。私は大好きなんですよね。崇拝感が溢れるあの感じ。違和感を感じる方は是非何度も口に出して言ってみてください。いつしかあなたもこれの虜に…。

 

ニックネーム

公式ニックネームの方と自分でニックネームつける方といらっしゃいますが、公式ニックネームは分かりますよ、沢山使います。オリジナルニックネームは皆さん凄いと思います。センスがいい!(時々かけ離れてる方もいらっしゃいますが…)まるで同級生のような距離感のニックネームを付けた方!私はそれがお気に入りです。

 

 

さて、他にもあるのでしょうがこの辺で。私?本人に言う時と友人に言う時と変えます。絶対に。本人を目の前にすると「あの…」しか出ないんですけど、いつか呼ぶ時が来たときに出るようにそろそろ公式の呼び方を決めなければ…。困ってるので是非アドバイスを下さい。

 

ガチで。

 

どんな呼び方でも結局、大好きなことには変わりありませんが。

 

おっとここで一つ。ここでこの間とあるネットアイドルが言っていたことを一つ。

 

「初リプです!って言いながらタメ口でリプしてくる人いるでしょ、僕は嫌い。」

 

これは一つの意見らしいので。あ、私は馴れ馴れしくタメ口が好きっていう俳優さんも見たことありますし、沢山いますよ。

 

あ〜あまた皆さんを惑わせてしまった。人それぞれみたいです。

 

 

 

終わり

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter