申年をまとめてみた

 

 

2016年、大事だったこの申年についてまとめてみるというなんとも平凡な記事です。

 

この一年を漢字一文字で表すなら、

「金」

いや、違いますよ?考えなかった訳じゃないですよ?清水寺での今年の漢字と一緒だからって手抜きではありません。

 

まず、音読みの「キン」

これは今年の漢字と同じ、金メダルの金。

誰だってそうだと思いますが推しに金メダル、あげたい!!!

私の推しは映画賞で賞を頂いていたので甘く甘くつけて金メダルです(笑顔)

是非来年も金メダルを宜しくお願いします。

 

そして訓読みの「かね」

これは…金を…すいませんつまりました。

お金をかけました。

無駄金だなんて一切思っておりません。普通の人からすれば無駄だと思われるかもしれませんが、自己満足だとしてもこれは私達の性…使わざるを得ない。

 

あ〜良い一年だったなーーーーー!!

 

 

このタイミングでお金の話を少し。一年で使ったのは神経とお金ですから。

 

 

よく「おたく」の間で論争になる、

 

推しに金遣い過ぎるのもいいけどお前らの顔面とその顔どうにかしろよ!推しに金遣うばっかじゃだめだよ!!

 

自分の顔面整えてるばっかじゃだめだよ!自分の顔面より推しの生活に潤いを与えたい!!

 

 

私はというと、どちらも兼ねています。

 

私も推しに会いに行くために少し痩せたり、新しいリップを買ったり、ちょっと特別な洋服を買ったり、もし少しでも視界に入った時のことを考えて、女の子特有の「少しでも好きな人に綺麗に見られたい」と常に思っています。朝どんなに早起きしても髪はきちんと巻くし、化粧もする。これくらいのことはなんてことない。

 

でも、少し高い服を買うときの躊躇はあるくせに、推しのプレゼントを買う時の躊躇はない。自分にかける金より推しにかけるお金の方が罪悪感はない。これって後者の言っていることに少しあてはまるんじゃないかな…

 

解決策なのはどっちにも均等に金を使う金持ちのおたくだけどね!!

 

結局世の中、金だよ…

 

 

年の最後にこんなお話をかいて申し訳ありません。でも、お金がなくたって、誰にでも人を好きになる権利がある訳だし、世の中お金が無くたって幸せな人だって沢山います。自分にも推しにもお金を使わなくたって、幸せになれるならそれでいいじゃないですか。見るだけで幸せならそれは得に越したことはないです。

 

世の中金。ですがお金があっても本当の幸せは訪れません。本当の豊かさを来年はもっと追求する年にします。

 

2017年の豊富…

「好きを無駄にしない」

ですかね。頑張ります。

 

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter