読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの娘と一緒に味噌汁をのみたい!

世の中って結局、砂糖で出来てるよね、ぴょん太郎。

ぜんぶ、ぜんぶ、君のせいだ

 

この世界では尊いものが沢山、沢山、失われていく。それは人それぞれであることはみんな分かっている。けれども自分にとって尊いものが失われた時、人に言いたくなるのは何故なんだろうと考えた。分らなかったけど、今回私はその1人でした。

 

 

尊いものは常に、少しずつ少しずつ消えていく。近づけば近づく程きっと消えていく。

 

 

私にとって2016年は潮時の年、だった。気になっていたあの子は世に出て二ヶ月で仕事を辞めてしまったし、大好きなものにかけなければいけないお金が増やされた。仲間だと思っていたあの子は裏切ったし、同じ趣味の子は少しずつ、好きなものから離れていったような気がする。全部、ここで変えなければならない、という潮時だった。なのに今思えば、私だけ取り残されていた。潮時であるという事実を受け入れず、今まで通り、何事もなかったかのように振る舞っていた。もしかしたら心の奥底で変わって行くことの怖さを感じていたのかもしれないけど。

 

 

これは自分の中で変わって行くことの怖さを知れた良い機会だったのかもしれない。

 

 

2017年。ネットで見かけた解散騒動。調べれば、メンバー間での価値観の違い、対立が原因だという。2016年にもメディアに沢山出ていたがそのような素振りは一切せず、ただ、仕事をし、何事もないかのように仲良く、していたらしい。当の本人達は嫌い合っていないとは言っているが、本当のところは全く分からない。

 

私だって少しは見ていた。この人たちの仕事ぶりを見て、ああ、凄いな、こんなに一生懸命なんだ、羨ましい、とすら思っていたくらいで。仲が悪いだなんて一切分らなかったし、もし仲違いがあってもすぐに仲直りしそうだな、と誰しもが思うような、そんな感じだった。

 

でも、解散したのだ。事実は解散。

 

 

そして私は気付かされた。変わって行くことがこんなに怖いのか、と。そして仲の良かった友人グループで誰も気づかない間にそのうちの2人が埋められない溝を作るほどのトラブルを起こした時のことを思い出した。ああ、これが変わって行くってことか。

 

私にとっての尊いものは「変わらないもの」でした。これが私にとっての尊いものになったのは全部君のせいだよって私が好きになった推しに言いたい。

どんなに君に仕事がきても、どんな君の周りに大人が増えても、どんなに忙しくなろうとも君は変わらないでいて欲しいな、と図々しくも思ってしまう。その言葉遣いと話し方、文字の書き方も全部。変わらないということがどんなに大事かは分からなかったけど、尊いということは君から教わったんだよ、と言いたい。尊いものに近づくとそれは身近になって尊いものではなくなってしまう、ということもなんとなく分かったような気がする。

 

結局、飽きられない私の性格上、今の所、何かが変わっても好きでいる以外に選択肢がない。けれども本当に変わってしまうのだとしたら、それは私が気づかないところのような気がして怖い。気づいた頃にはもう遅く、取り返しのつかないことになっている。こんな恐怖に取り憑かれているのも全部、君のせいだと思う。

 

責めてる訳じゃない。これは恋を相手のせいにする常套手段と一緒で、幸せの味がする言葉として使っている。君に出会えたから、私は本当に大切なものに気づけたよ、本当にありがとう、という意味でしかない。

 

 

 

最後にこれを踏まえた上でもう一度。

 

 

ぜんぶ、ぜんぶ、君のせいだ。

 

 

ぴょん太郎(若葉竜也情報) (@Ryuya_matome) on Twitter

よびすてで呼んでみない

 

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。ぴょん太郎です。お正月にゆっくりしすぎました。

今年は私にとっても皆さんにとっても皆さんの推しにとっても飛躍の年になりますように!

 

 

 

本日は推しの呼び方について。

 

いや〜これ迷いますよね?私はまだ定まっていません。タイプはこれ。

 

 

苗字にくん付け

これ結構オーソドックスですよね。推しが年上に多いんじゃないでしょうか。無難で好きです。

 

下の名前にくん付け

これもオーソドックスですね。年上年下限らず使う方が多いんじゃないかと。少しの親近感と彼女感を楽しめる良い呼び方です。

 

苗字にさん付け

これは年上の推しに使う方が大半ですね。くんと付けるには馴れ馴れしすぎるしどうしようと思う方に多いですね。尊敬の意をこめてさん付けの方もいらっしゃるようです。

 

下の名前にさん付け

これ!私結構好きなんですよ。なんていうか昭和の夫婦みたいな!貴方の後ろを付いていきますよ…と和服の妻が夫に語りかけるようなあの独特の雰囲気…!私大好きです!◯◯さんごはんができましたよ…みたいな!好き!

 

苗字呼び捨て

ありますね。これは推しのことを評価するときに使いがち。「今日の◯◯凄いかっこいい」とかそういう風に使うんでしょうか。見たことあります。

 

下の名前呼び捨て

彼女か!!このツッコミしたかったんですよ!付き合ってる彼女が友達に彼氏の話をする時のようなあの雰囲気。私は肯定的です。好き。でも多分この人はファンレターの時はちゃんと、くんとか付けるんだろうな…。

 

様付け

いますよ。これ。私は大好きなんですよね。崇拝感が溢れるあの感じ。違和感を感じる方は是非何度も口に出して言ってみてください。いつしかあなたもこれの虜に…。

 

ニックネーム

公式ニックネームの方と自分でニックネームつける方といらっしゃいますが、公式ニックネームは分かりますよ、沢山使います。オリジナルニックネームは皆さん凄いと思います。センスがいい!(時々かけ離れてる方もいらっしゃいますが…)まるで同級生のような距離感のニックネームを付けた方!私はそれがお気に入りです。

 

 

さて、他にもあるのでしょうがこの辺で。私?本人に言う時と友人に言う時と変えます。絶対に。本人を目の前にすると「あの…」しか出ないんですけど、いつか呼ぶ時が来たときに出るようにそろそろ公式の呼び方を決めなければ…。困ってるので是非アドバイスを下さい。

 

ガチで。

 

どんな呼び方でも結局、大好きなことには変わりありませんが。

 

おっとここで一つ。ここでこの間とあるネットアイドルが言っていたことを一つ。

 

「初リプです!って言いながらタメ口でリプしてくる人いるでしょ、僕は嫌い。」

 

これは一つの意見らしいので。あ、私は馴れ馴れしくタメ口が好きっていう俳優さんも見たことありますし、沢山いますよ。

 

あ〜あまた皆さんを惑わせてしまった。人それぞれみたいです。

 

 

 

終わり

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter

 

 

申年をまとめてみた

 

 

2016年、大事だったこの申年についてまとめてみるというなんとも平凡な記事です。

 

この一年を漢字一文字で表すなら、

「金」

いや、違いますよ?考えなかった訳じゃないですよ?清水寺での今年の漢字と一緒だからって手抜きではありません。

 

まず、音読みの「キン」

これは今年の漢字と同じ、金メダルの金。

誰だってそうだと思いますが推しに金メダル、あげたい!!!

私の推しは映画賞で賞を頂いていたので甘く甘くつけて金メダルです(笑顔)

是非来年も金メダルを宜しくお願いします。

 

そして訓読みの「かね」

これは…金を…すいませんつまりました。

お金をかけました。

無駄金だなんて一切思っておりません。普通の人からすれば無駄だと思われるかもしれませんが、自己満足だとしてもこれは私達の性…使わざるを得ない。

 

あ〜良い一年だったなーーーーー!!

 

 

このタイミングでお金の話を少し。一年で使ったのは神経とお金ですから。

 

 

よく「おたく」の間で論争になる、

 

推しに金遣い過ぎるのもいいけどお前らの顔面とその顔どうにかしろよ!推しに金遣うばっかじゃだめだよ!!

 

自分の顔面整えてるばっかじゃだめだよ!自分の顔面より推しの生活に潤いを与えたい!!

 

 

私はというと、どちらも兼ねています。

 

私も推しに会いに行くために少し痩せたり、新しいリップを買ったり、ちょっと特別な洋服を買ったり、もし少しでも視界に入った時のことを考えて、女の子特有の「少しでも好きな人に綺麗に見られたい」と常に思っています。朝どんなに早起きしても髪はきちんと巻くし、化粧もする。これくらいのことはなんてことない。

 

でも、少し高い服を買うときの躊躇はあるくせに、推しのプレゼントを買う時の躊躇はない。自分にかける金より推しにかけるお金の方が罪悪感はない。これって後者の言っていることに少しあてはまるんじゃないかな…

 

解決策なのはどっちにも均等に金を使う金持ちのおたくだけどね!!

 

結局世の中、金だよ…

 

 

年の最後にこんなお話をかいて申し訳ありません。でも、お金がなくたって、誰にでも人を好きになる権利がある訳だし、世の中お金が無くたって幸せな人だって沢山います。自分にも推しにもお金を使わなくたって、幸せになれるならそれでいいじゃないですか。見るだけで幸せならそれは得に越したことはないです。

 

世の中金。ですがお金があっても本当の幸せは訪れません。本当の豊かさを来年はもっと追求する年にします。

 

2017年の豊富…

「好きを無駄にしない」

ですかね。頑張ります。

 

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter

 

 

 

わがままを作るレシピ

 

 

どうも、ぴょん太郎です。

 

世間的にわがままってどうなんでしょう。

私的には可愛いでしかないのですが、嫌われる要素もありますよね。ぶりっ子と一緒な気がします。

 

皆さんは推しにわがまま言ったことあります?私は言ったような言ってないような…微妙なラインということにしておきましょう。

 

例えば、写真集のイベントの握手で

 

「じゃんけんして!」

これはもう握手という概念を飛び出ていますね、私は好きです。

 

「睨んで!」

これも握手でも何でもありませんが自分のことを好きなファンを睨むという推しにとっては前代未聞の行為。私は好きです。

 

「頭ポンポンして!」

シャンプーのいい匂いを推しに記憶させるつもりか!シャンプーの匂いが消えないうちに早く会いに風が吹いても大丈夫だよ、の歌詞が浮かびます。大好きです。

 

さて、結局推しに言うことは全部わがままなような…だって推しはそれをしたいと思ってるのだろうか…ますます分からない…

 

わがままってなんだ?考えれば考えるほど分かりません。わがままと要望の狭間で彷徨ってるファンがどれくらいいるのでしょうか。私はきっとそのうちの一人です。

 

例えば

 

「もうちょっとインスタ更新して!」

これは要望…?私の中では要望に入るのですがこれって言ったら可愛くないですよね。これに可愛さのスパイスを足すなら

「もっと君の姿をみたい」

でしょうか。ちょっとストーカーチックなような…ではこれで。

「もっと君に夢の中で会いたい」

あれ…?これじゃあまるで夜な夜な好きなあの娘のことを考えて星を見るロマンチックストーリーと見せかけて、ただの気持ちの悪いおたく…。

 

可愛さのスパイスを足したつもりがこんなことになってしまいました。よく考えたら私はわがままの可愛さを作るレシピを知らなかった…

 

私だってわがままになりたいものです。今すぐに会いたい、というわがままの常套手段を使い、寒い、というちょっと上級者向けの手を繋ぎたいの隠語を使い、帰らないで、と君の袖を掴んでみたい。

 

私はまだまだ、わがままについての勉強不足です。でも分かりました。要望に可愛さのスパイスをほどよく足せばそれは可愛いわがままになります。

 

今日のまとめはこれ

 

要望+可愛さ=わがまま

 

この料理をあなたの推しが好きかどうかは保証しません。好き嫌いは分かれますよ?一度推しに会った時この料理をしてみるのもアリです。食わず嫌いかもしれませんからね。

 

あと、それに「好き」という甘さを足すのも人によってはできる難しいテクニックです。お試しあれ。

 

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter

 

君を知ってからと好きになるまでの話

 

君を知ってから恋という言葉を知ったよ、的な歌詞はよくあるような気がしますが、君を知ってから私は本当にちゃんとした"おたく"を知れたような気がするよ!!

 

さて、私の年齢がバレないように曖昧に彼を好きになったきっかけを話していこうと思います。

 

今考えれば、小さい頃、おたくという概念があったかと聞かれればそれは電車男のあのメガネというイメージしかなかったような気がします。

 

そもそもおたくってなんだ?それは今でも答えは出ませんがやはり頭が好きなことでいっぱいになること、は外せないですね。

 

正直に言います。

 

好きになったきっかけ???覚えてない!!!!だって気付いたら好きになってたもん絶対絶対恋だもん!!

 

申し訳ございません。

 

私だって『〇〇で見た彼の顔に一目惚れ』とか『〇〇くんのブログでのエピソードにやられた』とか書きたかったんです本当は!

 

でも実際は気付いたら好きになってた…

一度会いに行ったら彼に使う金を惜しまなくなっていた…

そして気付いたらチケットだけではなくプレゼントのことまで考えていた…

 

でも実際の恋ってこうじゃないですか!気付いたら目で追ってるんですよ!

この人知ってる→この人また出てる→この人出るからこのドラマ見よう→ドラマでるの?よっしゃ→次の仕事はいつかな?→舞台決まったよっしゃ行こう

大体こんな流れだったような気がします

 

そして、今彼のことを世界中に広めるべくちゃんとしたおたくをしています( ◠‿◠ )

 

今日は最低なブログでした!今度はちゃんと哲学みたいなブログを書きたいものです。

 

あーあブログ向いてないやポーイってこの下書きを投げかけましたが一応投稿しておきます、いつかふわっと消えそうなブログですね。

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter

 

 

追記:この後にちゃんとした、好きになるまでの話を書きましたので、是非。

恋の呪文唱えないでよ! - あの娘と一緒に味噌汁をのみたい!

お洒落な駄洒落を言ってみたい

 

 

メリークリスマキ

いつまでも分からなかったと解説で書かれていた本の中の駄洒落。私は分かりましたよ。すまきにかけてること。作者の人に伝わりますように。私はあの本を読み返すことにします。クリスマスにお洒落な駄洒落を君と言い合いたいですね。

 

次回は綺麗じゃ無かったはじまりについて書こうと思っていましたが、今日はクリスマスなので、クリスマスにちなんだ話でも。

 

私が朝起きて思ったこと。

「あ〜あ今日のクリスマスイブ、推しと過ごせたらどんなに幸せなんだろうな〜!」

 

分かってますよ?妄想ですから。妄想は自由ですよね?ですよね?

 

今日はブログお休みの日!適当に考えた妄想でも書こうと思うので興味ないな〜嫌だな〜気持ち悪いな〜って方はここで!また!違う記事!読んでくださいね!ちゃんと今度は書くので!

 

 

さて、ここからですね。読んでくれる方はありがとうごさいます。文字を通しますが、大好きです。

 

 

推しと行きたいところは?そうですね、えーっと君のお家ですね!もう家に行きたいとしか思ってませんね!思いつくまでに掛かった時間は0.5秒です。

 

まず会いたいのは彼の飼っている犬!大好きなんです、ファンです。かなり。彼に可愛がられている動画?あれは発狂しました。

 

動物と触れ合う推しって可愛くないですか?これは結構共感を得られると思うのですが!

 

雑誌などで犬や猫と写真を撮る推し。可愛さの極みですね。犬や猫が羨ましくてしょうがない。思いましたね、「あ〜あこの犬になりたいな、トイプードルに生まれたら幸せだろうな」と。少なくとも私は思いましたよ?気持ち悪いですね、すみません。

 

 

忘れてた…私…犬も猫もアレルギーだったんだ…

 

 

その次には君のギターと歌が聴きたいですね!大丈夫です。動画は撮りますが静かにします。勿論私は布団の中、寝かけたら「聴き惚れただけ」という言い訳も決まってます。

歌って欲しい歌は君の大好きな銀杏BOYZの「夢で逢えたら」か「あいどんわなだい」ですね。でもクリスマスなので「惑星基地ベオウルフ」も辛島美登里の「サイレント・イヴ」も捨てがたい。若い皆さんすみません。ジェネレーションギャップですかね。どれも知らなくて大丈夫ですよ。多分YouTubeに載ってます。URLは載せていいのか分からないのでやめておきますが本当にいい曲達です。

私は言います。「本当に上手だね、いつまでも聴いていられる」これは可愛く言いますよ。例えば、犬を触りながら「られる」の部分だけ君の方を見て。

 

ご飯は私が頑張って頑張って頑張って作ります。彼は私のご飯を食べて言うのです。

「美味しい気がする」

美味しいじゃなくていいのです。気がする、くらいが最高なのです。犬みたいな君の猫みたいな気まぐれさが私は大好きだよ!

 

食後のケーキは甘くないものを。なんとなく、甘すぎない方がいい気がします。あんまり甘くないね、なんて言いながら苺の乗ったショートケーキを小さいフォークでゆっくり食べます。そして私は途中で暖かい紅茶を淹れて…私の買ってきたマグカップに入れて…

 

 

ここで夢は終わり。

 

 

ここぐらいが丁度いいのです。出来ることなら私、犬、君で川の字で寝ようね。

 

夜中の3時が朝になった時君はきっと仕事を休むだろう

もう要らないもう要らないよ

君の他には何にも要らないよ

 

頭の中でクリープハイプの「手と手」が離れません。これもいい曲なので是非。

 

最後に、先ほど私が彼に歌って欲しいと言った、「惑星基地ベオウルフ」の中の歌詞に、こんなものが。

 

「貴方はきっと幸せになれるわ、だって私を幸せにさせてくれたもの」

 

私もこれを言えるような大人になりたいですね。

 

推しと過ごすクリスマス。あり得ないからこそ楽しい。今日は何をしてるのかな。今日あたり、インスタグラムを更新してくれたら、今日という日は幸せな日になります。

 

 

では、メリークリスマス。

 

 

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter

 

 

続く

いつも綺麗じゃなかった、いっそ嫌いになれたら、の話

 

 

随分前に友達が俳優のファンを辞めた。名前は出さないが、ある舞台俳優で、今も一線で活躍している彼女の推しは典型的なキラキラ俳優だった気がする。

 

今でも一番印象に残っている彼女の言葉。

「私が最初だったのに」

確か彼のイベントで、写真を撮る時に推しが彼女に優しさを施した。それからそれは彼女の後の皆に施されることになった、みたいな感じだったと思う。その人の『はじまり』は大切で、ほら『初めて』を奪うあれだって確かにそうだ。『初めて』に価値があることは誰だって分かる。

 

でも彼女がファンを辞めたのは勿論これが原因ではない。典型的なあれだ。

 

推しの彼女バレ

 

想像するだけで震える。誰かのファンをしている人なら分かると思うが、これはキラキラ俳優のファンにとって、電車の隣の人が推し被り、や推しの大きな仕事、より怖い。これから話すことは本当にあった怖い話。

 

バレ方がいけなかった。それに尽きる。

 

SNSの投稿が似ていて時間も酷似。

 

週刊誌にとられるなら良かった。彼の彼女の関係が、私と毎朝会うあの人の関係と同じと言い訳ができる程度。気づいてしまったのはファン。いつも見ていたファン。

 

そして二人は仲良く都合の悪いコメントを消した。消し忘れた煙草火に油を注いで自分の家と大好きなあの子の家を燃やした。

 

さて、どこにでもあるようなバレ方ですが、これが一番傷つくというのは分かります。

そして私の友人は考えに考えた末、ファンを辞めた。

 

ここまで読んで「?」と思った方、いると思います。「何でこれで辞められるの?」

 

これは私の想像ですが、やはり裏切られたという気持ちは大きかった。辞められない方が羨ましくて仕方ありません。心の底では大好きなのです。でも、これから彼に会う時、思うはず。

 

これだけ彼のことが好きで、色んな物をプレゼントして、思い出も沢山貰った。でもこれは彼にとって彼女の思い出と平行で、彼女にだってプレゼントは貰えるし、一緒に作ったはずの思い出は彼女との二人の思い出の方が大きいんじゃないか。私が仕事面で支えなくても彼は幸せになれるんじゃないか。

 

考えすぎかもしれません。でも、彼女の気持ちは私にはよく分かります。

 

言うべきでは無いのかもしれませんが、私の現推しにも数ヶ月前ありました。しかし、これは広まってもいないし確信もあまりない。でも私から見ればほぼ確定だった。辞めようかと何度も考えた。でも彼の仕事面の状況を見るとこれからなことは分かりきっているし、彼はまだ「バレる」程の人間では無かったということに気づいてしまった。週刊誌なら良かったのに。追いかけられればまだ、良かったのに。彼がいつか週刊誌に撮られるまでは推し続けなければ。まずは彼を売れさせなければならない。そしたらその時考えよう。

 

だらだら続く気持ち終止符は全く打てず、私は彼女を羨ましく思います。いっそ嫌いになれたら良かったのに。昔した恋の経験を漁ってみて、同じような経験があった気がします。今もまだ、彼の彼女を見てみたいと思うくらいの気持ちはあります。

 

彼女が彼を好きになったきっかけも、彼女が彼に受けた施しも、彼女が彼のファンを辞めたあの時も、決して綺麗じゃ無かった。

いつも始まりも終わりも綺麗じゃ無かった。

"さよならはいつも涙の後"でした。

 

もし私に終わりがあるのなら、綺麗な終わりじゃなくてもいい、だから思い出して泣きながら笑えるようなさよならにしよう、と決めています。重いなんて言われ慣れました。しょうがない。

 

 

あなたの終わり、さよならはどんなタイミングで、どんなシチュエーションがいいですか?

綺麗な終わりは思い描いておくものです。

 

 

次回は綺麗じゃ無かったはじまりについてでも書くことにしましょう。

 

 

 

今回のブログは暗くて申し訳ございません。良かったらTwitterどうぞ。前回のブログのアンケートもしております。

ぴょん太郎 (@__taropyon) on Twitter