読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの娘と一緒に味噌汁をのみたい!

世の中って結局、砂糖で出来てるよね、ぴょん太郎。

【診断】あなたはこんなファンです。

 

 

さて、想像して下さい。

あなたが大好きなその俳優、女優、モデル、アイドルのデビュー前やデビュー直後。その時にあなたは彼、彼女のファンをしています。ブログのコメント、Twitterのリプライ、インスタグラムのコメント、あなたは欠かさず送り、向こうもあなたに少し気づいてくれてるみたい。時々返ってくるコメントでは名前を書いてくれたり、SNSにあげる写真にはあなたのあげたプレゼントが映っている。そんな幸せの絶頂のあなたに、彼、彼女の大きなお仕事の情報が舞い込んできます。

 

今、あなたはどう思いましたか?

1.嬉しい

2.複雑

3.嫌 

(あっこれ面白いからTwitterのアンケートにしよう。Twitterアカウント作りました、@__taropyonで検索ですよ。フォローお願いします。宣伝です。)

 

 

 

1の方

あなたは天使のようなファンです。推しの幸せを自分の幸せとし、彼、彼女のファンが増えることに関してプラスの面ばかり見える綺麗な目をしています。あなたのような方は推しが結婚した場合、「〇〇くん(ちゃん)が幸せならなんでもいいの、これからもお仕事さえ続けてくれれば。おめでとう」と言うでしょう。あなたも最良の相手を探し、結婚しましょう。すみません、余計なお世話でしたね。ラッキーアイテムは「推しの初めての大きい仕事のパンフ」です。

 

2の方

あなたは人間のようなファンです。推しの幸せを喜ばなければという気持ちと、自分の特別感に挟まれ、どっちともつかない気持ちに混乱しています。あなたは本質を見極められる綺麗な目をしています。あなたのような方は推しが結婚した場合、「え?いつから付き合ってたの?私知らないよ?まぁでも結婚は…して欲しかったかな…ちょっと悲しいけど。」と言うでしょう。推しよりも良い相手を探して、結婚しましょう。ラッキーアイテムは「推しの初めてごとのパンフや雑誌」です。

 

 

3の方

あなたはうさぎのようなファンです。推しの幸せは分かっているけれどもやっぱりファンが増えて推しに構ってもらえなくなるのは辛い。寂しくてしんじゃう。あなたは自分の気持ちがしっかりと見える、綺麗な目をしています。あなたのような方は推しが結婚した場合、「嘘でしょ…知らないよ…彼女いるなら言ってよ…なんで…」と言うでしょう。推しと彼女のなりそめを調べてから取り入る隙があるか確認してからワンチャン狙ってみましょう。ラッキーアイテムは「推しのチェキ、推しのイベントで貰ったもの」です。

 

 

言っておきます。ただの偏見です。

 

 

ちなみに私は…言わないでおきます。後々バレることです。

 

 

そして今回見ておきたいのは「私だけ知っておけばいい!」 のタイプです。思い当たる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

推しに大きなお仕事が決まり、ファンが増えた時、「あれ…?」と思う方!良いです!その話をこれからします!

 

その方たちの頭の中には人気になると発生するデメリットが浮かんでいるはずです。

今までは最前が取れていた舞台挨拶、ライブが全く取れなくなってしまう。今までは返ってきていたリプ返がなかなか返ってこない。今までは直接渡せたプレゼントも預けることしかできない。

昔は出来たことが出来ないということはやはり嫌ですよね。私は昔から好きでそれが当たり前だったのにファンが増えたからできない…ならいっそファンが少なければこのままでいれるんじゃないか…悪魔の囁きが聞こえませんか?

 

自己中だなんて誰も責めません。だって推しが、好きで好きでしょうがないのですから。

結局このもやもやの正体は恋心…ではなく、自分の素直な気持ちの表れです。だって自分を見て欲しいなんてきっとみんな思います。私だってそうです。悪いことなんかじゃありません。これを罪とする人もいます。でも私達、もやもや王国の中では罪なんかじゃありません。当たり前なのです。だから罪だと思わなくていいのです。もっと盛大にもやもやすればいい、そしてその中で生きていく方法を見つければいいのです。きっとその答えが「私だけ知ってればいい!」に繋がります。推しの長く見てきたからこそ分かる良いところはきっとあなたにしか分かりません。大丈夫です。あなたが知っているということがきっといつか報われます。

 

さて、バレましたか。私はもやもや王国の人間です。だってそりゃあ推しにお仕事は増えて欲しいです。お仕事があればいっぱい会いに行けるしおめでとうだっていっぱい言える。でも別なんです。大作は別。今まで励みにしていた会いにいくという行為が難しくなるなんて耐えられる訳がない…。でも私はこのブログを始めました。矛盾してますね。きっともやもや王国の皆さんは分かってくれると思いますが、それでも推しの良いところは全世界に広めていきたい。そして推しが売れてから気づくのです。「ああこれを望んでたんじゃなかった…」まぁそれはその時が来たら考えます。

 

大好きだったあの音楽を友達に勧めたら友達が結構ハマってライブに行こうと向こうから誘って来た…あの時と同じ感情でしょうね。聞いて欲しかっただけなのに…それは想像してなかったよ…。

 

さて、もやもや王国の住人の方、いっぱいいると思います。悩む必要はありません。もやもや王国では普通のことです。それでも何か語らうことがあれば私のTwitterにリプライを送るか、ブログにコメントをして一緒に盛り上がりましょう!Twitterは@__taropyonです。アンケートの回答と拡散とフォローお願い致します。検索で出ない場合は若葉竜也情報まとめのアカウントのフォロワー欄から飛んで下さい。宜しくお願い致します。

では今回はこの辺で失礼します。

 

 

 

続く

大切なものはいつも単純なのかもしれない

 

 

ではやっと、「彼の溢れ出る魅力?可愛さ以外にもあるのに何故気付かないのか。それには理由があった」です。

 

前回も言いました通り、彼は本当に可愛いです。果たして可愛いと言われて嬉しいかどうかというのは分かりませんが…。

 

さて、彼には可愛いという以外の魅力に何があるのか、ではなく、何故の方を先に。

 

ただ単に情報量が少ない。

 

これだけ引っ張ってそれかよ…とがっかりさせてしまったでしょうか。すみません、とりあえず続きを読んでください、お願いします。

 

ここで最初に比較対象として菅田将暉くんのことをあげてみましょう。(度々すみません、菅田将暉くんに出演料は払っていません)

 

菅田将暉くんの事務所はトップコート。あふれる笑顔のトップコートです。事務所は事細かに情報をあげ、本人も度々Twitterで宣伝をする。更新頻度は高くはありませんが、またそこがファンを惹きつける。トップコートの公式モバイルではマネージャーのつぶやきである「マネつぶ」、ギャラリーなど、ファンがお金を払ってでも見たいと思うようなサービスが充実しています。

 

若葉竜也さんの事務所はフライングボックス。事務所の情報は控えめに言っても遅い。本人の情報も遅い。更新頻度も低い。公式モバイルは消滅。

 

一つ言わせてください。これが悪いとは言っていません。私は本当にフライングボックスさんが大好きです。昔電話をさせて頂いた時も丁寧に対応して下さったですし、彼のマネージャーさんも良い方です。確かに菅田くんとは人気の度合いも違う、ファンの層も数も違う。しかし、情報が遅いというのは致命的です。アンテナを張っていなければ分からないような情報が多いのは新規ファンを獲得することを難しくしています。彼の出ている番組を見ないということは、魅力にも気付きにくい。これでは魅力に気づかないのは当然です。

だから私は情報まとめを始めました。結局、彼が売れることを一番望んでいるのはこういうファンなのかもしれません。

 

ポジティブに考えましょう。

 

もし、情報量が少しでも増え、彼のことを見る人がこの世界に一人でも増えたら…?答えはそうです。彼の魅力に気付く人が増える。大切なものは情報で、それを広めることが解決に繋がるのではないでしょうか。

 

さて、ここまで引っ張った答えは単純でした。もう一つ言うなら彼のあの雰囲気は可愛いを前面に押し出して他の魅力を気づかせない、とでも言っておきましょうか。

 

前にも言いましたが、私がこのブログを書こうと思ったきっかけは彼が世に広まるためです。

 

しかし、俳優のファンの方なら誰しもが思ったことのある「私だけが知ってればいい!」

次回はこの気持ちについて書こうと思います。

 

こんな暗いブログだけじゃ終われない!絶対に今日中にブログを更新するぞ!と意気込んでおくとします。

 

 

 

続く

【検証】可愛いと言ったら罪になる世界で生きてみた

 

 

題名の検証結果は言うまでもなく、可愛いを酸素としている私は息耐えました。今日も若葉竜也さんはとっても可愛いです。

 

 

次回予告は「彼の溢れ出る魅力?可愛さ以外にもあるのに何故気付かないのか。それには理由があった」でしたが、まずは彼が可愛いと言うことに関してもう少し語るべきではないのかと思ってしまいました。

あぁ私は馬鹿だ。彼を贔屓するあまりまずは可愛いということだけを伝えようとしている。分かっています。親が幼稚園に子供を通わせて、他の子との違いよりも「うちの子は出来るのよ」とだけ言うのと同じです。

分かっていても、私は言いたいのです。

 

彼は可愛い。

 

本来、「可愛い」という言葉は守りたい女性に使うもののような気が私はしていますが、誰でも犬や猫や、ときめくバッグ、きゅんとくるお菓子、何にでも可愛いと言います。しかし「ガッキーと猫どっちが可愛い?」という質問には私は答えられません。確かにガッキーはあんなに顔が小さくてキラキラしていてダンスを踊る時のあの笑顔は夢に出てくるほど愛おしい。でも猫だって「守ってあげたい!」と思う可愛さ。あ〜〜どっちも選べない!だって可愛さの種類が違うから!

 

さて、なんでこんな話を出したのかというと彼はどの可愛さにもカテゴライズされない可愛さを持っている、ということを例を出して伝えたかったからです。ガッキー?ノー。猫?ノー。強いて言えば彼は犬ですが、比べられるものではありません。

 

では、その新種の可愛さとはなんなのか。

 

これは当たり前です。あの養いたい目、少し出る可愛い歯。分かっています。これは主観です。しかしやはりこれから入るべきだと私は思ったのです。個人差は考えられないほどですが。

 

言葉

これはもうブログを見て下さいの一言です。リンクを下に貼っておきます。どの記事でも良いです、読んで下さい。心の底から沸き起こる可愛いが抑えられないはずです。

 

若葉竜也オフィシャルブログ「4拍子のワルツ」Powered by Ameba

 

題名を見て下さい。『4拍子のワルツ』。私はこの題名ですら可愛いと思ってしまうのでもう病気です。

あ、題名で可愛いと思った方はコメントでこっそり教えて下さい。語り合いましょう。

 

 

服と雰囲気

菅田将暉くんのように服を作っている訳ではない、変わった服を着ているのではない。情熱大陸に出演した時のあの服。皆さんは覚えているでしょうか。覚えていなければ、情熱大陸 菅田将暉 で検索です。あの服をもし彼氏がデートで着ていたら皆さんは何と言いますか?私は「今日は居酒屋だね」と言って2人で仲良く焼き鳥屋の暖簾をくぐります。そして席に着き、「今日はどっちが払う?」と聞き、食い気味に「私が払うよ」と言い、財布の中身を確認してバイトのお兄さんに「ビール二つ」と頼みます。すみません。乱れました。ただ妄想したかったのではありません。彼の雰囲気には、財布を出させる魔法があります。ニコニコしながら食べる彼を見て、嬉しくなる。誕生日の日にお祝いのケーキを彼が買って着たらギャップにきゅんとしてノックアウト。

 

仕草

舞台挨拶の映像を見て下されば分かると思いますが、彼の笑った時のあの仕草。きゅん以外のなんでもない。muro式でのカーテンコールでムロさんの話をきく真剣な姿。私はあれを見た時、可愛すぎて声が出ませんでした。あぁ尊い。

 

 

 

ここで皆さん気づきます。

 

 

もしかして…彼は可愛いで出来ているのでは?

 

 

この答えはそう!間違っている!

 

 

前回書きました通り、「彼の溢れ出る魅力?可愛さ以外にもあるのに何故気付かないのか。それには理由があった」なのですから。さて、次回はその答えを紐解くとしましょう。(なんて失礼な終わり方なんでしょう…すみません。でも次回も読んで下されば嬉しいです。)

 

 

 

続く

20代なら知っているあの人について

 

 

 

現在、20代の皆さんなら知っているでしょう若葉竜也さんのファンをしている私です。とりあえず、焦っています。

 

 

何故だか最近少し置いていかれている。

 

 

このブログを読んでいる方は若葉竜也さんのことを少しばかり知っていると思いますが、それが菅田将暉さんから知ったという方も多いでしょう。

明烏の舞台挨拶で可愛かったからファンになっちゃった〜」なんて方も「情熱大陸で菅田くんにドタキャンされるなんて可愛い〜」なんて方!手を高く上げてください!そこのあなたですよ!

 

他にあるとすれば、muro式でしょうか。

「優と触れ合うのが可愛い」「ムロさんにいじられる若葉くんが可愛い」といったとところ。そうです。彼は可愛いのです!

 

可愛いという評価ばかり書いていますが、実際周りはそうだったような気がします。(明烏muro式、ヨシヒコなど)

 

今まで皆さんが知っている前提で書き進めてしまいましたが、プロフィールを貼っておきます。

 

若葉 竜也
わかば りゅうや

生年月日 1989年6月10日
出身地  東京都
身  長 174cm

 

よく、「たつやだと思ってた」と言う方がいますがここで確認しておきます。

彼の名前は若葉"りゅうや"です。以後お見知り置きを。

 

冒頭に戻ります。

彼は最近置いていかれている。仲良しだった太賀も連ドラなどに出演し、菅田将暉も大ブレイク。自分も売れて来てはいるものの、大ブレイクとまでは行かない。ファンとしての心配は、売れないことだけではありません。ここで語るのはやめておきますが、皆さんも一度は好きな人に心配したような私生活のことです。

 

 

置いて行かれていると感じているのは私だけかもしれませんが、ここで私は考えました。ブログを書くことで少しでも彼のことを広めたら、何か起きるのではないか!

(実際そんなことないと思いますし、ただの趣味でもありますが)私は決めました。

 

ブログを書こう!

 

ということで、冒頭の勿体ぶるような一言。私の決意でした。

 

次回は「彼の溢れ出る魅力?可愛さ以外にもあるのに何故気付かないのか。それには理由があった」にしようと思います。

 

 

 

あーあ、このブログを本人が読んでくれないかなあ!!!!あ、若葉竜也さんの公式サイトのリンク、貼っておきます。暇な時でいいので少し覗いてみて下さい。

 

Ryuya.Net

 

 

続く